Laugh Out(ラフアウト)
渋谷・中津のクリエイター向けイベント・コワーキングスペース

2021.05.26

【メンバーインタビュー 08】木佐貫玲さん(株式会社Play Ground)

【メンバーインタビュー 08】木佐貫玲さん(株式会社Play Ground)

8回目のメンバー紹介。今回ご紹介するメンバ―は株式会社Play Groundの木佐貫 玲 (きさぬき れい) さんです。

Q1.ラフアウト中津をどうやって知りましたか?

人が集まる場所で、何かと愛着もある梅田に拠点がなくなった(NU茶屋町プラスに出店していたお店を2021年4月25日に閉店)ことが自分の中でもったいないなと感じていた時、CCOの廣瀬くんから(ラフアウト中津の)話を聞いて実際に来てみたら、立地も雰囲気も良かったので、新たな拠点をつくるために利用することを決めました。

Q2.Play Groundの名前の由来は?

"Play Ground(プレイグラウンド)"は、日本語で"遊び場"という意味なんです。みんなが遊べるような場所にしたいなという思いで名付けました。屋号として、そして会社名としても使用することになりました。

Q3.現在のお仕事内容を簡単に教えてください。

アクセサリーショップを天王寺MIOと広島PARCOに2店舗出店しています。そして「非非常識」という屋号で、イベントスペースを天王寺MIOに6Fで運営しています。またオンラインでもアクセサリーを販売しています。

Q4.なぜその仕事を始めるようになったのですか?

2010年に30名ほどのクリエイターさんを集めたアートイベント(合同展示会)を、中崎町にあるイロリムラで開催したんです。宝塚造形芸術大学(現在は宝塚大学)に通っていたので絵やアートがもともと好きだったというのと、「一緒に面白いことをやりたいな!」と奥さんとずっと話をしていたんです。でも、その当時は自分たちが面白いと思えるイベントがなくて、展示会って無料で開催するのが一般的だったんです。そこで僕たちは、美術館みたいにお金を払って見に来てもらう有料システムでの展示会にしようと決めて開催したところ、4日間で約200人のお客さんが来てくれたんです。

Q5.実際に店舗を持つようになったきっかけは?

開催した合同展示会には魅力的な人がたくさん来てくれました。参加してくれたクリエイターさんも変わった人が多くて。笑 みんな作ることにはものすごい情熱があるんですけど、実際に対面で販売するスキルには乏しくて。だから展示会で僕たちが「売るためにはもっとこうしたほうがいいよ」「もっとちゃんと来てくれた一人一人と話をしたほうが良いよ」とアドバイスをしていました。すると色々な方面から「展示会じゃなくてお店を常設でやったら?」とか「お店があったら嬉しい!」という声をいただいたんです。そこで実際にお店を出店しようと決めました。でも最初から大きい場所でアパレルとかギャラリーはまず無理なので、小さいお店でもできるアクセサリー屋をやろうとなって南船場の8坪からスタートしたんです。その後、トントン拍子で店舗が増えていきましたが、コロナの影響もあって閉店したお店もあり、現在はアクセサリーショップを天王寺MIOと広島PARCOに2店舗出店しています。

Q6.お仕事でのこれからの野望を教えてください。

このコロナの影響もあって、愛する息子が通っていたサッカースクールが閉鎖することになったんです。だけど、教えてもらっていたコーチにこれからも教えてもらいたいという思いから、一緒に通っていた子の親御さんと今のコーチと一緒にサッカースクールを新たに今年の4月から運営することになりました。

今は場所も確保できて、緊急事態宣言が明けたら生徒を増やしていこうと画策しています。そして、アクセサリーショップに付随する新しいビジネスを模索しつつ、それ以外の柱をサッカースクールとあといくつか構築できればいいなと思っています。その一つとして、原点回帰ということでクリエイターさんを集めてのイベントスペース運営を天王寺MIOの6階で「非非常識」という名前で行っています。

Q7.非非常識の由来は?

クリエイターさんって非常識な人ばっかりなんです。笑 そのまま"非常識"という名前にしようかと思ったんですが"非常識"は何か普通だなと思って。一つ前に"非"を足すことで"非非常識"になって、二重否定で"常識"になるし"非常識を常識に"という想いも込めてこの名前にしました。面白い空間になっているので是非一度遊びにきてください!

Q8.ラフアウトがもっとこうなればよいのにと思うことは?

今はコロナもあるのでなかなか難しいと思いますが、人が集まれるイベントをもっとするべきだと思います。そしてメンバー同士のコミュニケーションを増やすためにも、メンバー紹介ボードなどがあってもいいのかなと思います。ぜひ皆さんで盛り上げていきましょう!

【収録日:2021.05.18】
撮影/テキスト:岩井彩華(ラフアウト中津CO)
インタビュアー/編集:廣瀬大輔(ラフアウト中津CCO)

――――

メンバープロフィール08

株式会社Play Ground
木佐貫玲さん

WEBサイト
オンラインショップ
インスタグラム

■事業内容
アクセサリー・服飾雑貨の販売/イベント運営

ラフアウトlo中津TOPへ

ラフアウトlo中津からの
インフォメーションはこちら

    内覧会のお申込みや、お問い合わせなど
    なんでもお気軽にご相談ください。