Laugh Out(ラフアウト)
渋谷・中津のクリエイター向けイベント・コワーキングスペース

2021.12.10

【メンバーインタビュー 11】マサヤ・イチさん(株式会社アニマリアル)

【メンバーインタビュー 11】マサヤ・イチさん(株式会社アニマリアル)

11回目のメンバー紹介。今回ご紹介するメンバーは株式会社アニマリアルのマサヤ・イチさんです。

Q1.ラフアウト中津をどうやって知りましたか?

去年からコロナの影響もあって今まで以上にリモートワークが当たり前になり、オフィスに集まって仕事をする機会が減ってきていました。ちょうどその時に、アニマリアルの関連会社であるUUUM株式会社の鎌田社長から「こんな場所があるよ」とラフアウトを紹介していただいたことがきっかけです。

Q2.なぜこの場所を選んだのか?

当時は天神橋筋商店街沿いのビルにオフィスを構えていましたが、コロナの影響もあって人と会わないということが日常でした。でも実際は「人が集まる場所にいたい」という気持ちがすごく大きくて。ラフアウトには様々な職業、クリエイターさんが集まってることを知り、そこが決め手になりました。それとラフアウト中津CCOである廣瀬さんとの縁(昔一緒のビルにオフィスを構えていた)もあったので、そこも決め手の一つでしたね。

Q3.今現在の仕事内容は?

簡潔にいうと、アニマリアルは「好きなことをしている会社」です。モデルを選ぶところから始まり、撮影をして、最後はグラフィックを仕上げて、漫画を原作としたアーティスティックなビジュアルを制作しています。「ハイクオリティコスプレ」と言えば一般的には伝わりやすいかもしれないですね。自分的にはコスプレとは思っていないのですが。仕事でもあり、趣味のような。もはやライフワークという感じですかね。それとは別にYouTube関連の業務も行なっています。UUUM株式会社には僕自身も専属クリエイターとして所属していますが、それとは別に業務提携することも多く、YouTubeの動画制作やチャンネル運営も多く行っています。

Q4.アニマリアルの名前の由来は?

初期の頃、コミュニケーションデザイン会社の社長であり、コピーライターでもある友人が「アニメ×リアル=アニマリアル」というコピーをつけたのが始まりですね。「めっちゃいいやん!」という感じで今に至ります。(笑)

Q5.アニマリアルを始めたきっかけは?

芸大に通っていたし、ずっとアート作品を作ってきたこともあって、年賀状で少し遊んでみようと思ったのが2012年で。その年が辰年だったので、僕の好きなドラゴンボールを題材に作ったら面白いんじゃないかと。
2009年にドラゴンボールの実写映画が公開されていたんです。それがあまりにもひどかったので、自分なりのアンサーとしてグラフィックで制作した亀仙人のビジュアルで年賀状を作ることにしました。そして、制作の過程を映像にも残したんです。
その頃はまだ、YouTubeを使ったプロモーションというのがあまり世の中にはなかった時代で。偶然見つけた動画コンクールに亀仙人のメイキング動画を応募してみたんです。そしたらまさかの最終選考まで残ってしまい。(笑)惜しくも優勝は逃しましたが、後日電話がかかってきて。「予定していなかったけど、共催していた日経BP社さんが特別賞を作るので受賞してほしい。」という内容でした。
そして日経エンタテインメントの見開きで特集を組んでいただき、亀仙人の作品と僕のインタビューを一緒に載せていただきました。そこから少しずつ僕たちの作品が世に出始めましたね。当時の日経エンタテインメントの編集長とはそこからの付き合いで、今現在もずっとサポートしてくださっています。

Q6.お仕事でのこれからの野望は?

楽しく生きていくことですね。そしてなにより自分に誇りを持ち、自分自身で「かっこいい」と思える作品を残していきたいなと思います。
いくら周囲から褒めてもらっても、自分たちの中に疑問があったらそれは良くないと思うんです。結果も出さないといけないけれど、後から見返した時にそれがやりたかったことと違うと、やはりモヤッとします。そこをブランディングというか、自分たちできっちりと固めていく作業を、今まで以上に続けていきたいと思っています。そして今までやってきたことに囚われない挑戦をする、というのが今の野望です。

Q7.こんな人と繋がりたい!

動画やデザイン、CGやイラストなどを作っているクリエイターさんとは繋がりたいですね。社員の人数が少ない分、パートナーさんが必要なので、フリーで活動している若い人と繋がれたら嬉しいですね。そして、街づくりにもとても興味があるので、この中津を盛り上げている方のお話を僕も聞かせてほしいです!

【収録日:2021.11.16】
撮影/テキスト:丸岡陽(ラフアウト中津CO)
インタビュアー/編集:廣瀬大輔(ラフアウト中津CCO)

――――

メンバープロフィール11

マサヤ・イチさん
株式会社アニマリアル

you tubeチャンネル

■事業内容
漫画やゲームを題材にした実写アートの制作
グラフィックデザイン制作全般
YouTubeを中心としたSNSのチャンネル運営業務や動画制作業務

ラフアウトlo中津TOPへ

ラフアウトlo中津からの
インフォメーションはこちら

    内覧会のお申込みや、お問い合わせなど
    なんでもお気軽にご相談ください。